堀部篤史「90年代のこと 僕の修行時代」夏葉社 

Category : エッセイ


『90年代のこと 僕の修業時代』目次 ・バック・トゥ・ザ・パラレルワールド ・走れ! 猟奇王  ・ミックステープづくりが僕の修業時代だった ・SNSがんばってる? ・写真には写らない居心地を求めて ・レンタルビデオショップのない午前一時 ・街を変える小さなタウン誌 ・なんかおもろいこと言えや! ・失われた「お昼休み」を求めて ・創刊号はチャールズ・マンソンと佐川一政をセットで  ・ヒップホップな本屋さん  ・美術館へ行くつもりじゃなかった ・ティッシュのあるフィクション、ないフィクション ・一九九六年、本屋は僕の学校だった 『90年代のこと 僕の修業時代』 著者:堀部篤史 挿絵;マメイケダ 価格:1600円+税 版型:四六判変形 頁数:144頁

販売価格

1,728円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Profile

山本善行
ブログ移行しました。zenkoh.hatenablog.com 著書『関西赤貧古本道』(新潮新書)『古本泣き笑い日記』(青弓社)、岡崎武志との対談集『新・文學入門』(工作舎)、2009年7月5日、「古書善行堂」プレオープン、11月1日、オープン。京都市左京区浄土寺西田町82の2、12時〜20時、火曜日定休日。ホームページhttp://www.hat.hi-ho.ne.jp/zenkoh/
Blog

Cart

View Cart

Search

Recommend

Category

Feeds

RSS - ATOM