堀部篤史「90年代のこと 僕の修行時代」夏葉社 

Category : エッセイ


11月7日取次搬入で、『90年代のこと 僕の修業時代』 という本を刊行いたします。 作者は、京都の書店「誠光社」店主、堀部篤史さん。 90年代といって、真っ先に思いつくのは、95年の 阪神淡路大震災。 それに、オウム真理教、酒鬼薔薇事件、ルーズソックス、 安室奈美恵などの名前を挙げれば、 「ああ、あの頃はそういう時代だった」 となんだか分かったような気持ちにもなります。 でも、あのころは、もっと豊穣な時代でした。 たくさんの音楽に溢れ、本に溢れ、インターネットが まだ行き渡っていなかったのにもかかわらず、 雑誌などで膨大な情報を享受することができた時代でした。 いま現場の最前線で働く人たちの多くは、この時代に 自己を形成しているように思います。 90年代に学んだやり方で、店をつくり、ものをつくり、 商売をしています。 では、あの時代になにを学んだのか。 90年代にもっとも多感な頃を過ごした堀部さんが、 音楽、本、テレビ、町などを軸に、丹念に思い出し、 考察していきます。 そしてそれは最終的に、先鋭な書店論に変容していきます。 わたしたちはみな、90年代の子どもたち。 あの頃に青春時代を過ごした読者は、きっとそう思うはず。 それよりも若い読者は、当時の方法論がいまなお、脈々と 続いていることに、新鮮な思いを抱いてくれるのではないか、 と思っています。 これまでになかった、清新な私的文化論です。 ぜひ。 追伸 10月21日より、神保町の東京堂書店にて、 「90年代再考フェア」が開催されます。 堀部さん、そのころに青春を過ごした東京堂書店のIさん、 ぼくの3人で、90年代を考えるための本を選書しています。 お近くの方、ぜひご覧ください。 『90年代のこと 僕の修業時代』目次 ・バック・トゥ・ザ・パラレルワールド ・走れ! 猟奇王  ・ミックステープづくりが僕の修業時代だった ・SNSがんばってる? ・写真には写らない居心地を求めて ・レンタルビデオショップのない午前一時 ・街を変える小さなタウン誌 ・なんかおもろいこと言えや! ・失われた「お昼休み」を求めて ・創刊号はチャールズ・マンソンと佐川一政をセットで  ・ヒップホップな本屋さん  ・美術館へ行くつもりじゃなかった ・ティッシュのあるフィクション、ないフィクション ・一九九六年、本屋は僕の学校だった 『90年代のこと 僕の修業時代』 著者:堀部篤史 挿絵;マメイケダ 価格:1600円+税 版型:四六判変形 頁数:144頁

販売価格

1,728円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Profile

山本善行
著書『関西赤貧古本道』(新潮新書)『古本泣き笑い日記』(青弓社)、岡崎武志との対談集『新・文學入門』(工作舎)、2009年7月5日、「古書善行堂」プレオープン、11月1日、オープン。京都市左京区浄土寺西田町82の2、12時〜20時、火曜日定休日。ホームページhttp://www.hat.hi-ho.ne.jp/zenkoh/
Blog

Cart

View Cart

Search

Recommend

Category

Feeds

RSS - ATOM