Recommend


レンブラントの帽子

1,728円(税込)


藤岡宇央「JAZZ ART OF TAKAO FUJIOKA 」

2,160円(税込)


「窮理」7号

702円(税込)



〈新刊〉南陀楼綾繁「町を歩いて本のなかへ」原書房 サイン落款

2,592円(税込)


アピエ29号「夢野久作」

648円(税込)


岡崎武志『風来坊 ふたたび』(古書善行堂)

1,080円(税込)



「窮理」6号

702円(税込)


「地下室 草号2」アンダースロー

702円(税込)


〈新刊〉岡崎武志「気がついたらいつも本ばかり読んでいた」(2016年、原書房)

2,700円(税込)



「とてもいい!」マヤコフスキー

1,028円(税込)


〈新刊〉尾形亀之助詩集「美しい街」 夏葉社

1,728円(税込)


新刊「花森安治装釘集成」みずのわ出版 

8,640円(税込)



マヤコフスキー「ぼくは愛する」

1,028円(税込)


浦西和彦「文化運動年表」明治大正編

19,440円(税込)


大杉栄「自叙伝」

1,028円(税込)



大杉栄「日本脱出記」

1,028円(税込)


マヤコフスキー「150000000」 小笠原豊樹訳。

1,028円(税込)


中谷治宇二郎の「独創者の喜び」と「片山津温泉」

350円(税込)



ヴォルス 路上から宇宙へ

2,484円(税込)


「些末事研究」3号

500円(税込)


山高登「東京の編集者」夏葉社

2,484円(税込)



三品輝起「すべての雑貨」夏葉社

2,160円(税込)


「中央線古本屋合算地図」(盛林堂書房)

1,300円(税込)


古多仁昴志「遊縁戯録」

1,000円(税込)



新刊「後藤明生 座談」つかだま書房

4,104円(税込)


新刊「後藤明生 対談」つかだま書房

4,104円(税込)


「147 稲垣足穂147冊の書影」

14,700円(税込)



〈新刊〉桑田絵梨写真集「東京祭臭」

1,080円(税込)


「柳瀬正夢全集」第ニ巻

19,440円(税込)


「柳瀬正夢全集」第三巻

19,440円(税込)



臼田捷治「書影の森―筑摩書房の装幀1940-2014」

10,800円(税込)


マヤコフスキー「ズボンをはいた雲」

1,028円(税込)


マヤコフスキー「人間」

1,028円(税込)



新刊「ヒトハコ」

972円(税込)


新刊『柳瀬正夢全集』第1巻

16,200円(税込)


新刊書「神保町」得地直美 夏葉社

1,836円(税込)



小山力也「古本屋ツアー・イン・京阪神」

1,944円(税込)


「浮田要三の仕事」(りいぶる・とふん)

10,800円(税込)


「窮理」4号

702円(税込)



「草号」1号

702円(税込)


「ほんまに」18号

514円(税込)


「ぽかん」6号

756円(税込)



新刊 マヤコフスキー「ヴラジーミル・イリイチ・レーニン」小笠原豊樹訳

1,028円(税込)


復刻版 清水昶詩集「暗視の中を疾走する朝」(築地文庫)

2,160円(税込)


〈新刊〉梅崎春生『幻燈の街』木鶏書房

2,160円(税込)



「BOOK5」最終号 特集「年末恒例アンケート今年の収穫」

648円(税込)


山田稔『天野さんの傘』編集工房ノア

2,160円(税込)


「百年のわたくし」ろいぶる・とふん(扉野良人)

756円(税込)



「窮理」5号

702円(税込)


「アピエ」28号 いま読む少女文学

648円(税込)


新刊「せとうち暮らし」

990円(税込)



「柳瀬正夢全集」第四巻

19,440円(税込)


「本と本屋とわたしの話」12号

250円(税込)


新刊 マヤコフスキー「ミステリア・ブック」小笠原豊樹訳

1,028円(税込)



「窮理」1号

702円(税込)


「窮理」2号

702円(税込)


「BOOK5」19号 特集「年末恒例アンケート 今年の収穫」

648円(税込)



アピエ26号

648円(税込)


「窮理」3号

702円(税込)


「BOOK5」20号 特集「タタンといっしょに本をつくろう」

540円(税込)



前川恒雄「移動図書館ひまわり号」

2,160円(税込)


マヤコフスキー「悲劇ヴラジーミル・マヤコフスキー」

1,028円(税込)


マヤコフスキー「背骨のフルート」

1,028円(税込)



マヤコフスキー「戦争と世界」

1,028円(税込)


Information

お知らせ
フリースペース

Profile

山本善行
著書『関西赤貧古本道』(新潮新書)『古本泣き笑い日記』(青弓社)、岡崎武志との対談集『新・文學入門』(工作舎)、2009年7月5日、「古書善行堂」プレオープン、11月1日、オープン。京都市左京区浄土寺西田町82の2、12時〜20時、火曜日定休日。ホームページhttp://www.hat.hi-ho.ne.jp/zenkoh/
Blog

Cart

View Cart

Search

Recommend

Category

Feeds

RSS - ATOM