〔新刊〕詩村映二詩文集「カツベン」季村敏夫編、みずのわ出版

Category : 詩集・句集・歌集


詩村映二。神戸と姫路で活弁士。昭和初年のトーキー反対争議に関わる。二十代後半から本格的に詩作。アナキスト田代健、画家長谷川利行と交友。神戸詩人事件で検挙。真珠湾攻撃翌日、反戦容疑で再び検挙。戦時下転向の続くなか、権力の恣意と暴力に晒され続けた詩村は沈黙を余儀なくされ、無一物となって放り出された焼け野原の神戸・湊川新開地で山彦書房と称する露天商になり、古雑誌、ゾッキ本、生前の長谷川利行から手渡されたガラス絵、デッサンを売って糊口をしのぐ。全編を覆う痛ましさ。底辺を這いずり続けた一人の男に、没後六十年を経て初めて光が当たる。 *詩篇…早春/北よ!/敵/催眠術/海愁/日記/望郷/虚身/屍風/亡命/白日/秩序/俗情/孤独/夢牀/童話/日蝕/月蝕/挽歌/倫理の小径/ロマン/廃園/一飛行家の家計簿/暦/天の花/一線の上/仮説/退屈/旅行記/静脈/掌の皇帝/アルヂヱリア紀行/青い村落/遠郷/風土病/花信/啓示/崖/地球説/帝王の門/生物学/遺失/漂流記/世紀/迷信 *散文篇…白い雲の精神/詩の陥穽/飯田君の死の直前/偏綺舘れびゆう/カツベン行進曲/赤い風車 *参考作品―水蔭萍(本名、楊熾昌) *解題―雲の精神 季村敏夫 *資料篇…詩村映二関係/活弁士/活弁士一覧/トーキー反対争議ほか/湊川新開地/映画雑誌/主要映画館/映画館一覧 *関連年譜 *生きる姿―あとがきにかえて

販売価格

2,970円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Profile

山本善行
ブログ移行しました。zenkoh.hatenablog.com 著書『関西赤貧古本道』(新潮新書)『古本泣き笑い日記』(青弓社)、岡崎武志との対談集『新・文學入門』(工作舎)、2009年7月5日、「古書善行堂」プレオープン、11月1日、オープン。京都市左京区浄土寺西田町82の2、12時〜20時、火曜日定休日。ホームページhttp://www.hat.hi-ho.ne.jp/zenkoh/
Blog

Cart

View Cart

Search

Recommend

Category

Feeds

RSS - ATOM